占い師に資格は必要?

街頭や駅構内、どこかのショッピングモールの片隅、インターネットのホームぺージ……と、さまざまなところで「占い」とか「占い師」の言葉を見かけます。

当たる占い師からインチキ臭い占い師まで、日本全国には山ほどこの占い師という仕事を生業としている人がいるようですが、そもそもどうやってなるものなのでしょう。
なんだか特別な人にしか許されないような職業に思えますが、資格とか必要なんでしょうか。
疑問に思って調べてみると、他の国々では知りませんが、現在の日本においては、占い師になるのに資格というものは必要ないようですね。

ときどき、認定証のようなものを掲げている人もいますが、こうした類は公的機関によるものではなく、あくまでも民間の団体で独自に発行されている任意の資格になります。
スクールや占い講座のようなものは数多くありますが、別にこれを受けたからなれる、または、これを受けなかったからなれない、ということはありません。

つまり、「私は占い師です」と自分で名乗った日から、誰でもなれてしまう職業なんですよね、実は。